上手にメイクを仕上げてナチュラル美人になる

コンシーラーの使い方

メイクでコンシーラーを塗るという人も多いと思います。ファンデーションだけで薄く塗ったメイクの方法では肌の毛穴が目立ったり、シミやそばかす、にきびなどが目立つという人も多いでしょう。そういった肌のトラブルがあるという部分にはコンシーラーを塗るというのがポイントです。コンシーラーをメイクの時に使うことで肌トラブルを回避することができるのです。肌トラブルを隠すためのコンシーラーは、どこにつけるのかというと小鼻の毛穴が気になっている部分やシミそばかす、にきびができている部分に直接塗ります。リキッドタイプのコンシーラーの場合には、筆を使って直接肌に乗せて指で塗り込みましょう。コンシーラーは伸ばして塗ってしまうと効果が半減してしまいますからメイクのポイントとしては叩き込むような感じでなじませることがポイントです。
しっかりと塗り込んだ後は少しコンシーラーを塗った部分が目立つと思いますから、あとから周りの部分をぼかす程度の軽くたたき込むと境目がわからなくなります。メイクの仕上げは、スポンジで軽くたたくことで多めにつけすぎたコンシーラーも手軽に取り除けるのでやってみましょう。
さらにメイク上級者としては、パウダリーファンデーションを筆にとって、コンシーラーを乗せた部分の上にさらに重ねるようにすればよりカバー力が増しますからトラブルをきれいに隠すことができます。多少メイクテクニックは必要ですが違いは歴然です。

チークポイント

メイクのチークを入れる場所は基本的には頬の骨に沿っていれると自然な感じに仕上がることになります。ほほ骨というのは誰でもこめかみの下から出ている骨になるわけですが、口元を上げるみたいに顔に笑顔を作ったときには頬の筋肉が盛り上がると思います。この盛りあがっている筋肉の部分に沿ってほほ骨の高いところへとチークを入れると上手にチークを入れることができます。ひとの顔の形は色々ですから、人によってはこの通りではないかもしれませんが、チークを上手に入れることによってメイクで顔の雰囲気や印象というのはかなり変化をつけることが可能です。自分の顔の色や形にあったチークを選びメイクテクニックとして入れ方についてもきちんとマスターしてみるといいと思います。
もしも、メイクでチークを入れる場所が低めになってしまった場合には、逆に疲れた雰囲気に見えることもありますから注意してチークは入れなければいけません。
チークを入れるポイントとしては、ブラシにパウダーを付けてまずは色を調整しましょう。ブラシの持ち方は鉛筆見たいにもって肌と並行に動かして小鼻の部分から頬骨のラインにチークを乗せていきます。ゆっくりたっぷりのせるのではなくて、さっとスピーディーに載せるのがポイントです。
ほほ骨の一番高くなっている部分に濃い色をのせるとメイクで立体感を出すことが可能です。仕上げとしては手で最後にぼかして完了です。ひとによってはチークだけ目立っている人もいるので最後のぼかしは必ず行いましょう。

メイクのチークと雰囲気を知る

メイクのチークの入れ方一つで、雰囲気というのはかなり変わるといわれています。たとえばメイクのチークの入れ方としては、かわいらしい雰囲気にしたいと思っている人の場合には、笑ったときに一番高くなる頬骨のいちばん上の部分にピンク系の色のチークを塗るといいと思います。ふんわりと色をつける程度に塗って仕上げとして一番子尾色を真ん中の部分に乗せるとより可愛い感じの雰囲気に仕上がります。
次に知的な雰囲気にするメイクのチークの入れ方を紹介します。選ぶ色合い的にはオレンジ系やゴールド系がいいでしょう。そして顔の外側から頬骨の下、鼻先の方向にチークを入れると顔がシャープな感じになりますから、知的な雰囲気に仕上げることができます。メイクではスタイリッシュな雰囲気に変身することも可能ですよ。
スタイリッシュな雰囲気にしたいと思っている場合には、小顔に見えるブラウン系のチークを選びます。顔が引き締まってスタイリッシュな雰囲気に見せることができます。
その場合には頬骨の下の部分からこめかみに向かってブラシを入れて太めにチークを入れるようにすると引き締まります。
Tゾーンなどにもハイライトを入れておくと立体感も出るのでかなりスタイリッシュな顔立ちになることができますよ。
最近はフェミニンな感じも人気ですがメイクでフェミニンさを出すことも可能です。フェミニンな雰囲気にしたいときには、頬骨から小鼻のまん中に下に向けてチークを入れるようにすればいいでしょう。

パウダーファンデーションでナチュラルに仕上げる

メイクの際にパウダーファンデーションを使っているという人は多いと思います。パウダーファンデーションといいうのは、付け心地がふわっとしていてナチュラルな感じの仕上がりになります。皮脂の分泌が活発な人もファンデーションが皮脂を吸着してくれますし、ファンデーションを肌の表面に塗ることから毛穴も隠れて肌の表面のキメが整ったように見せてくれます。
メイクをする際にファンデーションを塗るという場合には、コンシーラーなどで肌の気になる部分のトラブルなどはあらかじめ隠しておいてから、スポンジに少しとって、顔のまん中から外に向かって少しずつ伸ばしていきましょう。一度に大量に伸ばすのではなくて少しずつ伸ばすことがポイントです。
メイクのファンデーションの仕上げとしては顔全体になじませることがポイントです。化粧崩れをしてしまったという場合でもパウダーファンデーションは手軽に化粧直しができますし、皮脂の分泌によるテカリなども抑えることができます。
しかしパウダーファンデーションは厚塗りをしてしまうと肌が呼吸できなくなるので皮脂の分泌が活発になりますからそれはメイクが崩れる原因になるので気をつけまそう。
パウダーファンデーションは粉っぽくて乾燥しやすいと思っている人もいるのですが、メイク用品を販売しているブランドによっては、肌に密着して崩れないタイプ、パールが入っていてナチュラルな感じに仕上げるものなども販売されています。

ファンデーションの色選び

メイクをする際に使うファンデーションの色、実は間違った色を選んで自分に合わないのにつけている人は多いと言われています。ファンデーションの色というのは明るすぎてもいけませんし、暗すぎてもいけませんから自分にぴったりと合ったものを選ぶ必要があります。どうやってメイクのファンデーションの色を選んでいけばいいのでしょうか。その方法としては、自分の首の色に注目しましょう。自分の首の色に合わせるというのが一番の方法です。
ファンデーションは顔の部分によって使い分ければハイライトの効果も期待できてよりホリが深いはっきりとした顔のメイクで見せることも可能です。
明るい感じのファンデーションと暗い感じのファンデーションを用意しておいて、混ぜて3色のファンデーションを使い分けるというメイクの方法もありますし、アウトラインは暗めのファンデーションを使って明るいファンデーションは、Tゾーンに塗ると顔がはっきりと見える特徴があります。
メイクで肌のトラブルも隠すことが可能で、肌全体がくすんでいると感じたら、ピンクベースのファンデーションを選ぶと隠すことができますし、赤ら顔などが気になる人は黄色ベースのファンデーションを使えば肌のトラブルを隠すことができます。メイク一つで血色のトラブルなども隠すことができますから、ファンデーションの色選びはかなり重要で色々と慣れてくれば使い分けてみるというのもポイントになります。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。